一般的な名刺は紙面上に印刷されています。

インターネットビジネス白書

素材とデザイン選びで名刺が変わる

素材とデザイン選びで名刺が変わる

名刺は普通用紙に文字が書かれてあるものだと認識されている方が多いと思います。
実際に今まで目にしてきた名刺はほとんどがそのようなタイプの物ばかりだったからです。
そこでデザイン性に優れた名刺を印刷するために、近ごろは素材や文字に装飾がされているタイプも多く目にするようになってきました。

まずは書かれてある文字です。
一般的な名刺は紙面上に印刷されています。
それを切り抜き文字にしている名刺もあるのです。
これなら名刺の裏側から見ても名前を確認することができます。
この切り抜き文字名刺は、使っている方が増えていますが何でも切り抜きしてしまえばいいわけではありません。
例えば名刺のあらゆる文字を切り抜きにするとその分紙の強度が落ちます。
また切り抜いてしまうことで読みづらくなってしまう文字もあるのです。
その点をちゃんと考えて使わないと逆にインパクトの薄い名刺が出来上がってしまうでしょう。

様々な装飾を付ける名刺も時々見られるようになりました。
名刺というのは紙に必要な情報が書かれているだけではありません。
そこに立体的な装飾を付ける事も可能なのです。
ただし装飾もあまり過度になってしまうとかさばって保存が大変になりますのでその点注意しましょう。