起業(会社設立)の際の会計事務所の選び方 | インターネットビジネス白書

インターネットビジネス白書

起業(会社設立)の際の会計事務所の選び方

起業(会社設立)の際の会計事務所の選び方

約8年税理士補助業務してきたわたしからみたおすすめの会計事務所についてお答えします。
会社を設立するときや、新しい会計事務所に変更する際に参考になるかとおもいます。

会計事務所と月額契約を締結前に確認をすすめる点とは?

料金体系の内容はしっかり確認したほうが良いと思います。
会計事務所によりますが、各種税務署などへの届出は顧問料に含めるところと、別料金を取る会計事務所があります。
この辺りは契約時や会社設立の時に確認したほうがよいでしょう。

また、売上規模が変更した場合報酬料の増額はあると思いますが、逆に業績が下がった時は報酬の減額の相談に乗ってくれるかも確認してみた方が良いと思います。
顧問を続けるとお金の事はなかなか交渉しにくいと思うので、事前に書面に残しておいた方が良いと思います。

こんな会計事務所がおすすめ!という内容を教えてください。

まずは適正な料金体系であることが前提です。
先生が、どれだけ勉強して情報を提供してくれるかも当たり前のことだとは思いますが、逆にいえば会計事務所も安かろう悪かろうのところもあります。
会計基準も昔のままの決算書を作成していたり、帳簿を会計事務所に提出しても、処理が遅すぎて何カ月も待たされたりなど。

銀行融資のアドバイスや他の士業の方たちとのネットワークも強い会計事務所の方が、安心で安全だと思います。
他に、先生の考え方と社長の考え方によって、合う合わない会計事務所もあると思います。融通の利かない、どちらかというと税務署よりの考えの先生もおりますので。

責める先生と守る先生のタイプがありますので、どこまで気さくに相談に乗ってくれそうかも、長い年月のお付き合いと、決して安くはない顧問料をお支払いになるので事前の情報収集は大事だと思います。