個人契約で家庭教師に | インターネットビジネス白書

インターネットビジネス白書

個人契約で家庭教師に

個人契約で家庭教師に

もともとは、塾講師をしていたのですが、塾だと決まったやり方や進め方があるため、また多人数を一度にみなきゃいけないため教えるのに限界を感じていました。

しかし、塾のマンツーマンの授業の方は、向いてると感じたため、家庭教師のバイトをみつけて、塾を辞めることにしました。

家庭教師の求人については大学の掲示板で募集の張り紙を見つけました。
そこからは、個人的に連絡を取ってやり取りをして契約を結んだので完全な個人契約となります。

家庭教師をしてみて、良かったと思える点は自分の進め方、また一人の生徒をずっとみてその生徒の特性に合わせて授業を進めることができるとこです。
マンツーマンでつきっきりで教えたり、一人で出来る時は、質問があるまで、一人でさせたりと柔軟に対応できたのがよかったです。

しかし、悪い点はわたしの場合、仲良くなり過ぎてしまったため、きょうはちょっと体調がきついから、軽い問題だけでいい?と聞かれていいよと許してしまうことが何度かあったことです。

その時は、次回はその倍しなきゃいけないよと次回にフォローはしてましたが、塾よりは個人対個人なのでそういう甘えがうまれるのかなと感じました。