気づいたらむち打ちになってしまいました。

インターネットビジネス白書

逗子に住んでいた時に治療を受けたむち打ち

逗子に住んでいた時に治療を受けたむち打ち

むち打ちというと、自動車の交通事故で受けたダメージのことを指すことが多いですが、実際にはスポーツに障害によるケガの場合もあるんですね。
外傷性頚部症候群とか、頚部捻挫なんて言われるそうです。

逗子にまだ住んでいた頃、陸上競技をしていました。
激しい運動が原因で気づいたらむち打ちになってしまいました。

頸椎というと、首のあたりを指しますが、首のあたりの筋や靭帯などが痛んでいることが多く、骨に異常がなくても痛みは発生するので、レントゲンだけではなかなか分かりづらいことも多いんですね。

首を痛めたにも関わらず、そこから来る肩こり、腰痛、食欲不振やその他体調不良など、症状は様々。
とても苦しいですよね。

普通の病院だけで何とかなるものだと思っていたのですが、思ったほど症状が改善せず、鍼灸がいいという噂を聞き、鍼灸院へ行ってみました。
その鍼灸院で聞いた話では、もちろん症状の改善状態は人それぞれ。

私の場合はものすごい効果を発揮してくれました。
相当な肩こりと上半身のだるさに悩まされていましたが、鍼灸をすることにより、体のだるさはすぐに取れましたし、肩こりも続けているうちに気付いたらだいぶ軽くなっていました。

治療の形は様々ですが、自分に合った治療法を見つけるようにするといいと思います。