自宅用の機器を使って血糖値測定を行う

インターネットビジネス白書

自宅用血糖値測定器の使い方

自宅用血糖値測定器の使い方

自宅用の機器を使って血糖値測定を行う方法ですが、これはメーカーや種類によって変わります。
添付されている説明書をよく読んでから使用するのが大前提となりますが、基本的な使い方に関してはほぼ同じと見ていいでしょう。

まずは針を機械にセットします。突き刺す部分をしっかりと消毒し、採血します。
この時もし血液が上手く出ない場合は、温めたりマッサージをしたりする等して血が出やすい状態にしておきましょう。
出が悪いからと無理矢理出そうとすると他の体液が混じってしまい、測定が上手く出来なくなってしまいます。
採血後はその部分を消毒し、止血するのを忘れずに行いましょう。

本体に血液をセットし終ったら、測定を行い結果を記録して行きます。
この時血糖値だけではなく、その日食べたメニューや運動内容も一緒に記す様にしましょう。

使い終わった針は絶対に使い回しはせず、きちんと処分しておきましょう。
処分方法については、お住まいの自治体の方針に従って下さい。
ただ厚労省によると通常ゴミとして出す場合、針の部分にキャップを被せて固いケース等に入れて可燃ゴミとして処分する様にすすめています。
ただし空き缶やペットボトルではリサイクルに回される可能性があるので注意しましょう。